旅行に関して両家の違い

私の実家での旅行の思い出

私は両親と姉と4人家族です。両親は共働きで、父はサービス業で盆も正月も仕事でほとんど休みなく働いていましたが、連休が出来ると年に1回は三重県の鳥羽や和歌山県の白浜、沖縄、ディズニーランドなど様々なところに連れて行ってくれました。観光地で思いっきり遊び、美味しいものを食べ、温泉に入ったり、最高に楽しい旅行ばかりです。こうした楽しんだ思い出が両親に愛されて育ったのだと、大人になって家族を持ったいま実感し感謝しています。

姉も私も現在は結婚をして子供もいますが、年に1回は両親と共にみなで旅行に行っています。

旅行や人混みが嫌いな義両親

しかし、夫は子供の頃からほとんど旅行に行ったことがありませんでした。義両親はもともと家にいることが好きで、外出を好みません。遠出したとしても帰省くらいで、夫は旅行はドラマの世界なのだと思って幼少期を過ごしたそうです。なので夫は観光地はもちろん名産品や地理もほとんど知らないし、私と出会ってから様々な観光地に行くようになり、いつも「初めて来た」と言ってます。

夫はそのことを卑下していませんし、各家庭の方針もあると思います。しかし、私は私たち夫婦は貧乏だけれども自分が味わったように色々な場所に行き、そこでしか見れない景色や空気を子供たちに体験させてあげたいです。

ここから愛媛行きのタビマスターズを活用して旅行計画を立てよう。